古代魚

ポリプテルス ビキール ビキール|古代魚の飼育と進化

ポリプテルス ビキール ビキールの飼育を楽しむために

ポリプテルス ビキール ビキールについて

ポリプテルスの代表種として古くから知られているのがポリプテルス ビキール ビキールです。

ビチャーとは本来、ポリプテルス コンギクスではなく本種のことを指し、背びれの数が多く、下アゴが突き出している特徴が共通するエンドリケリーやラプラディーなどと共に、ビチャータイプと呼ばれるグループを形成しています。

現在では養殖に成功したことで、かなり価格も下がりましたが、それでも比較的高価なポリプテルスです。

ポリプテルス ビキール ビキールの飼育

飛び出しには十分に注意します。フタの中央に空いている体がギリギリ通るくらいの穴からも狙いをつけて飛び出しますので、どんなにわずかなすき間であっても油断なりません。

ポリプテルス ビキール ビキールは成長が極めて早く、飼育下においても60センチ前後になるため、飼育には最低でも90センチ以上の水槽が望まれます。

エサは沈降性の配合飼料が適しています。赤系の底砂を敷くと体色が濃くなりやすいようですが、エサの与えやすさ、管理のしやすさを考えると、砂を敷かないベアタンクでの飼育がおすすめです。