古代魚

ポリプテルス エンドリケリー エンドリケリー|古代魚の飼育と進化

ポリプテルス エンドリケリー エンドリケリーの飼育を楽しむために

ポリプテルス エンドリケリー エンドリケリーについて

ポリプテルスの中でもとりわけ高い人気を誇るのがエンドリケリー エンドリケリーです。かつてはかつては幻の熱帯魚で、年に数匹しか輸入されず、価格も初任給の倍以上もしていました。

数ある古代魚の中でも、最もいかつい容姿をしていて、いかにも怪魚といった雰囲気を持つポリプテルスです。太い体と扁平な頭に下アゴは大きく突き出し、いかにも太古の世界にいそうな古代魚です。

エンドリケリーは比較的広範囲に生息するポリプテルスで、顔立ちや模様の濃さなどに地域差がみられます。

ポリプテルス エンドリケリー エンドリケリーの飼育

飛び出しには十分に注意します。フタの中央に空いている体がギリギリ通るくらいの穴からも狙いをつけて飛び出しますので、どんなにわずかなすき間であっても油断なりません。

ポリプテルス エンドリケリー エンドリケリーは成長が極めて早く、飼育下においても60センチ前後になるため、飼育には最低でも90センチ以上の水槽が望まれます。

エサは沈降性の配合飼料が適していますが浮上性のエサもよく食べます。赤系の底砂を敷くと体色が濃くなりやすいようですが、エサの与えやすさ、管理のしやすさを考えると、砂を敷かないベアタンクでの飼育がおすすめです。