古代魚

ポリプテルス エンドリケリー コンギクス|古代魚の飼育と進化

ポリプテルス エンドリケリー コンギクスの飼育を楽しむために

ポリプテルス エンドリケリー コンギクスについて

ポリプテルス エンドリケリー コンギクスはエンドリケリー エンドリケリーの亜種です。最大級のポリプテルスで、野生化では1メートルにもなる上にビキールなどよりもはるかに太く、成魚はとてつもない迫力をもったポリプテルスです。

かつてはビキールと間違われて輸入されていましたが、エンドリケリー エンドリケリーと共に幻のポリプテルスとして、たいへん高額と取引されていた古代魚です。

ポリプテルス エンドリケリー コンギクスの飼育

飛び出しには十分に注意します。フタの中央に空いている体がギリギリ通るくらいの穴からも狙いをつけて飛び出しますので、どんなにわずかなすき間であっても油断なりません。

ポリプテルス エンドリケリー コンギクスは成長が極めて早く、飼育下においても80センチ以上になるため、飼育には最低でも180センチ以上の水槽が望まれます。

エサは沈降性の配合飼料が適しています。赤系の底砂を敷くと体色が濃くなりやすいようですが、エサの与えやすさ、管理のしやすさを考えると、砂を敷かないベアタンクでの飼育がおすすめです。